「安倍政権からの総括もない菅政権のコロナ対策は失政!〜明日から4回目の緊急事態宣言〜」

7月11日
衆議院議員 岡島一正

明日からの東京での4回目の緊急事態宣言はコロナ感染再リバウンド下で国民の命を守る上では必要だ。しかし国の専門家会議の意見でさえ時期尚早と警告もあった前回6月21日からの強引な解除から僅か3週間余りだ。

菅政権は専門家の意見も聞かず安倍政権からのコロナ対策の総括もせずに五輪開催に進んできた。反省なきコロナ対策は新たな施策もない緊急事態事態宣言を繰り返し無観客の五輪強行という泥沼に自らはまった。

〝政府がなすべきは、
 感染対策、生活・事業支援
 そして、勇気ある東京五輪撤退〟

東京の4回目の非常事態宣言に際して政府がなすべき施策は、東京など自治体と連結した感染対策、国民生活支援や、もう限界を超える程に追い詰められている飲食店への事業支援などの総合的な対策の実行だ。

そして東京五輪。菅政権は五輪利権を捨て勇気をもって中止すべきだ。五輪は日本、世界がコロナ感染に打ち勝てば、またいづれ開催出来る。しかし五輪強行で失われる国民の命や営みは、とり戻せないのだから!

〝緊急事態宣言下の五輪は中止を!〟7月9日 金曜日辻立ち @ちはら台東4丁目交差点

今朝も雨でした。当初は鎌取駅頭での活動予定でしたが、雨で傘を畳む通勤者に迷惑をかけてしまうので、ちはら台東交差点での辻立ち活動に変更しました。

昨夜、菅総理が東京に4回目の緊急事態宣言をする事を発表しました。また大阪、神奈川、千葉、埼玉でのまん延防止等重点措置の延長も明らかにしました。

この事は、菅政権が新型コロナウイルスのリバウンドの阻止に失敗した事の証しなのです。それにも関わらず、菅総理は東京の開催を強行しようというのです。

@ ちはら台東4丁目交差点

緊急事態宣言下での東京五輪開催について、菅総理は何ら科学的根拠を示していません。ただ、万全な対策を取ると曖昧な口実を持ち出しているにすぎません。

安在尚太 市原市議会議員も参加してくれました。

菅総理、政府与党そして官僚は、これまでのワクチン供給量のまやかしや感染対策の誤魔化しを認め五輪は中止して、新たなコロナ対策の道筋を示すべきです。

伊藤浩士 市原市議会議員も参加してくれました。

安在尚太 #伊藤浩士 #東京五輪 #緊急事態宣言 #コロナ感染

時事点描 7月8日菅総理は退陣を、そして政治を大転換!~緊急事態宣言下、東京五輪の強行~

コロナ対策本部会議

      衆議院議員 岡島一正

菅義偉首相は8日、東京都に4回目の緊急事態宣言を発令し沖縄県は緊急事態宣言を延長。埼玉、神奈川、千葉、大阪は、まん延防止措置を延長する。期限は8月22日まで。

新型コロナウイルスとの戦いという当に緊急事態にあって、菅総理は東京五輪を強行。国民、五輪選手の命を守るには、東京五輪は中止しかないはずだ。菅総理は狂気の沙汰だ。

五輪史上、中止された五輪は5大会ある。どれも戦争が理由だった。戦前、1940年に開催の予定だった最初の東京五輪は1938年に近衛文麿内閣が戦争に備えるために中止した。

2021年、今の東京五輪は私たち日本人、世界の人々が新型コロナウイルスとの戦争の真っ只中だというのに、思考停止の菅政権によって強行されようとしている。

軍政下でもない今の日本で、国民の命を守るために政府が五輪を中止出来ないはずはない。無観客の開催でも海外から六万人以上が入国してくる事による感染のリスクは同じだ。

リーダーの資質がない菅総理は退陣すべきだ。もはやコロナに打ち勝つには、国会議員が与野党超えて結集する救国内閣や立憲民主党を中心に政治を大転換する政権交代の時だ。###

●朝の駅頭活動は、八幡宿駅。
 私、#伊藤浩士、#安在尚太 の両市原市議会議員。
●午後は辰巳、古市場、青柳地区などで挨拶まわり。
●夕方5時から衆議院第二議員会館で立憲民主党コロナ対策本部会議。

東京五輪 #政権交代 #コロナウイルス #緊急事態宣言 #立憲民主党 #岡島一正

オリンピック・パラリンピック大会の開催が迫るなか羽田空港の検疫・感染防止態勢を視察 – 岡島一正・立憲民主党コロナ対策本部事務局長

東京五輪開催が迫る中、私は羽田空港の検疫・感染防止態勢を立憲民主党コロナ対策本部事務局長として視察。検疫から入管の移動まで導線で一般客と五輪関係者を分けてはいても入国後は混在してしまう点や検疫、入管、航空会社、五輪組織委員会の統括組織がない点が問題です。
— 読み進める cdp-japan.jp/news/20210706_1755/amp

〝時事点描〟● 東京はデルタ株で第5波に突入か。衆議院議員 岡島一正

〝時事点描〟
● 東京はデルタ株で第5波に突入か。
       衆議院議員 岡島一正

専門家は東京の感染者数は7月下旬には一日の感染者が1千人超えると警鐘。千葉県など首都圏全体も状況悪化し蔓延防止措置延長も避けられない見通しです。

五輪に向けて外国選手や関係者の入国も本格的に始まりました。しかし空港検疫も滞在先での隔離体制も不備だらけと指摘されています。

相変わらず後手後手、その場しのぎの対策ばかりの菅政権。私は6日(火曜日)に羽田空港の検疫の実態を視察する事にしています。その結果も合わせて徹底した水際対策と五輪関連の対策の徹底を強く求めます。

###

菅内閣は災害対応も後手後手!~7月3日の関東東海大雨災害~

衆議院議員 岡島一正

#梅雨前線 #土砂崩れ #熱海 #土石流

※はじめに、今回の大雨による災害で亡くなられた方々に衷心よりのお悔やみと、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

関東東海で大雨災害が相次いだ3日。首相動静をみると、菅総理は午前中は議員宿舎で過ごして午後1時過ぎに公邸入りし危機管理官、防災担当大臣と面会。災害対策の関係閣僚会議も夕方5時。

土砂災害の発生は朝から東海・関東の各地で起きていました。熱海の土石流の発生は10時半頃で11時にはニュースで大きく報道されていたのに、初動対応が遅すぎます!

https://images.app.goo.gl/6mDxdJrUtNHxTuzR7

立憲民主党では、私は立憲民主党災害・緊急事態対策局長として3日9時には関東東海大雨対策情報連絡室を15時には同対策本部を設置して被災地の議員や関係省庁と連絡を取り対策を始めました。

菅政権は、国民の安心、安全など、これっぽっちも考えてない。「ふざけるな」です。やっぱり政権を変えて国民を守る政治に大転換です。###

降ったり止んだりの雨による災害に注意!

●降ったり止んだりの雨による災害の特徴。

降ったり止んだりの雨は、その時々には激しい雨とは感じない場合があります。一時的激しい雨に比べて危機感も薄れがちになります。

しかし、降ったり止んだりの雨が長時間続いた結果、土中水量が堆積し増加して土砂崩れなど災害が起きます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b2ab9784daf93f087e8a999a45639c83c3e50dc

一時的な大雨に比べて警戒心が緩みやすい雨の降り方と言えます。昨日の熱海の土石流災害は、こうした現象の典型的なパターンです。

自治体が公表してしているハザードマップなどを参照して、その地域にお住まいの住民の皆さんはお互いに早めの避難をするように促しあってください。

衆議院議員
立憲民主党 災害・緊急事態局長
岡島一正

土石流 #梅雨前線 #長雨 #熱海 #ハザードマップ

熱海で土石流!立憲民主党対策本部設置。

www3.nhk.or.jp/news/html/20210703/k10013117711000.html

【大雨災害対策本部設置】

活発な梅雨前線による大雨が静岡から関東地方の太平洋岸で続く中、立憲民主党では昨晩より常設の機関である「災害・緊急事態局」を中心に情報収集にあたり、本日午前9時に幹事長の指揮のもと「関東・東海太平洋岸梅雨前線大雨災害対策情報連絡室」を設置して対応してきました。

午後になって、熱海で土石流が発生、安否不明が20人とも言われており、これから自衛隊が到着して災害救援にあたるとのことです。

私たちも14時半に党本部に私を本部長とする「関東・東海太平洋岸梅雨前線大雨災害対策本部」を設置しました。

状況を把握し、地元静岡県連と一体となって地元自治体に協力し、復旧復興に取り組みます。

###

7月1日 大雨にご注意を!「政府のは五輪開催と安全確保の基準を示すべき!」

7月1日
「政府は五輪開催と国民生活の安全確保の基準を示すべきだ! @八幡宿駅頭

今朝の活動は #八幡宿駅頭 です。#梅雨前線 の北上で大雨です。今日から7月1日、#東京五輪 まで3週間です。一方で #コロナ感染 は #リバウンド の傾向が顕著です。東京都では昨日も714人の新規感染者数。#デルタ株 が増えています。政府はコロナ対策の総括を急ぎ五輪開催に関する基準を示すべきです!

#岡島一正 #安在尚太