時事点描 9月第3号〝総選挙、問われる危機管理意識~台風15号から2年とコロナ感染~〟

今日、9月9日は令和元年9月9日午前5時に最大瞬間風速40mを超えた台風15号(令和元年房総台風)が千葉市付近に上陸してから2年です。

その日の未明4時、私は風の爆音に飛び起きました。台風15号は東京湾岸沿いに森や家屋をなぎ倒す千葉県民が未経験の破壊的暴風雨でした。

全壊、半壊、一部損壊の建物は9万戸以上でした。その危機に露わになったのが当時の森田千葉県知事や県庁の対応の危機管理の甘さでした。

被害の大きかった南房総への県職員派遣は4日も遅れ、鋸南町などは孤立無援。千葉県中が真っ暗の大停電にも即応出来ない激甚災害でした。

私は初動に未明から市原市、千葉市全域の被災状況を確認にまわり内閣府、国交省、経産省等とホットラインを構築して復旧に当たりました。

その後、1ヶ月、私は衆議院災害対策特別委員会筆頭理事、立憲民主党災害対策局長として千葉県内全域、関東各地を視察し復旧に当りました。

各地で行政機能をも破壊する災害に身を置いた経験から私は持論とする防災危機管理庁の創設を党内や国会で事ある毎に提言し続けています。

2年前の台風15号、19号、21号による被災の後、去年春からは全国的にコロナ感染という未知の危機的状況に、私たちは身を覆われています。

台風は自然災害。コロナ感染も自然災害に近いものの、双方共に社会的災害の側面もあります。国の危機管理次第で被害は減らせるからです。

自公政権の同じ中身の緊急事態宣言を4回も繰り返すコロナ対策は、過去の対策の総括も今後の基準も時期も示さない危機管理は不合格です。

2年前の台風15号への行政対応や去年からの政府のコロナ感染対策を合わせて考えると、今、国民にも危機管理意識が問われるているのです。

この時代観の上に迫る総選挙で有権者が今の自公与党議員か立憲民主党などの議員かを選択する基準には各議員の危機管理意識が問われます。

台風15号 #コロナ対策 #危機管理 #千葉市 #市原市 #立憲民主党 #与党 #緊急事態宣言延長 #野党

〝医療提供体制改善の状況を示すべき~緊急事態選挙延長に際し~〟辻立ち 八幡南町 駅頭活動 五井駅東口

晩秋のような冷たい雨。今朝は未明から降り出した雨が強くなる中で五井駅東口の軒下に立ち駅頭活動を行いました。

五井駅東口

昨日の辻立ちは八幡南町でしたが連日の活動に挨拶を返して頂く方が増えています。皆さんの結集が政治の大転換です。

駅頭後にみた報道で緊急事態宣言は12日以降も30日まで延長の見込み。3連休の人流を抑制するためと思われます。

延長に際して政府は療養所の増設など医療提供体制の改善をどこまで進めたのか今までとの違いを示す責任があります。

新型コロナ #自宅療養 #医療提供体制 #緊急事態宣言 #延長

コロナ感染禍の今こそ、地域の声を!~時事点描の配布と挨拶まわり~

昨日は先週につづき千葉市緑区あすみが丘で応援して頂いている方と挨拶回り。コロナ対策へ多くの要望。活かします。

今日は朝9時から挨拶まわり。菅総理退陣表明について書いた時事点描9月第2号を配布しながら地域をまわりました。

午前は市原市山木を中心にペットボトル回収などのボランティア活動をしている鎗田さんに案内して頂きまわりました。

左から鎗田さん、宮下さん、私

まず訪ねた辰巳台の宮下金作さんは50年にわたり盆栽をして来た方で全国大会で秋雅賞を受賞した高名な盆栽家です。

右から高名な盆栽家の宮下金作さん、鎗田さん

鎗田さんは地域の政治にも深く関わり多くの議員を育てて来ました。「盆栽も政治も日々の積み重ねだよ」と鎗田さん。

鎗田さんと何軒も挨拶回りした後は、前の市原市長の佐久間隆義さんと合流してフラダンス協会の皆さんを訪ねました。

マスク姿でフラダンス!
市原市フラダンス協会の皆さん、佐久間隆義 元市原市長~と私

市原市民会館楽屋で代表の佐藤さんや役員の方々と佐久間前市長と数分の懇談。「今の政治を何とかして」と佐藤さん。

午後1時半を回って遅い昼食の蕎麦屋。そこで偶然に会ったのは千葉県では南京玉簾などの芸で知られる清水厚史さん。

蕎麦を頬ばる菅退陣も粋な芸人 清水さん

清水さんはサラリーマン生活中にも芸を磨いた本物の芸人。昭和歌謡や童謡等の発掘や伝承で地域に貢献されています。

南京玉簾、昭和歌謡で有名な芸人 清水さん

政府の失政がコロナ感染拡大に拍車を掛ける中でも地域の人たちは少しでも街に明かりをと知恵を絞り活動しています。

佐久間隆義 元市原市長

総選挙前でもうマイクを持つ議員もいますが、私は静かでも辻立ち、駅頭と共に今こそ地域の声を聞く活動を続けます。

菅首相退陣表明!延命最優先のエゴの崩壊!

時事点描9月 第2号
「菅首相退陣表明!
延命最優先のエゴの崩壊!
今こそ、政権交代を」

☆コロナ対策に専念するとして自民党総裁選への立候補断念を表明した菅総理。本当の理由は、国会無視、政権の延命だけを考えて自民党内の政局に明け暮れた姿が国民だけでなく、与党内からもひんしゅくを買って、気づいたら誰も支持してくれない「裸の王様」になったことです。去年の安倍総理に続いてあまりに身勝手・無責任な政権投げ出しです。

☆自らの延命だけを考えて、個利個略のコップの中の争いを続けるうちに、コロナ患者の「自宅放置」が相次ぎ、アフガニスタンでは自衛隊派遣の判断が遅れて、邦人や大切な協力者を戦地に置き去りにしました。

ここまで来ても、なお国会を開かず総裁選で政治空白を続ける。こんな与党エゴ丸出しの政治は許せません。岡島一正は、千葉・市原のみなさんと力を合わせて政治の大転換を目指します。

〝稲穂とコーヒーの香りにも大転換!〟              辻立ち @千葉市南生実町

今朝は雨も降りまるで秋深まった10月下旬のように肌寒さを感じる朝でした。

辻立ち場所は千葉市緑区おゆみ野と市原市古市場からの車が合流する交差点でした。

車中でもマスク着用の方が殆どです。皆さん自らの感染対策意識の象徴です。

そのマスク姿からも、コロナ対策の臨時国会も拒否する菅政権を大転換です!

その思いを胸の辻立後には稲穂と温かいコーヒーの香りにも決意あらたです!

〝千葉・市原から大転換! ~立憲プレス千葉3区特別号~〟

今朝は市原市ちはら台方面と千葉市緑区おゆみ野方面からの通勤の車が交わるちはら台東四丁目交差点で辻立ちでした。

辻立ち中に一台の車の窓が開き、「今朝の朝刊に岡島さんの大転換の折り込み入ってたよ!」と声をかけられました。

私は今朝の朝刊に立憲プレス千葉3区特別号を折り込みました。菅政権失政の問題点や私の提言などを書いたものです。

私は日々、ネットで政治課題を発信していますが新聞媒体を通しても私の時事点描やコロナ対策をお届けしたものです。

記事の中で私は千葉県内でのコロナ対策として市原市にある千葉県消防学校のコロナ療養所への転用等も提言しました。

熊谷知事はコロナ対策の一環として酸素ステーションの展開なども進めています。私も更に実際的提言を発信します。

※ 🔵 辻立ち@ちはら台駅四丁目交差点