被災地視察:復旧が遅れている昨年秋の台風被災地 〜千葉県・市原市〜

今日も南関東や東京は台風14号の影響で小雨が降り続いていました。台風14号は今日の午後には進路を東南東より更に南に向けて12日には熱帯低気圧になりそうです。

台風14号は当初、関東への上陸も懸念されていましたが南に進んだ事で、今日の時点で大災害に繋がる事なく推移しました。大災害といえば昨年の9月の台風15号、そして10月の台風19号から一年となります。

今日、私は昨年の台風による被災現場の復旧状況を視察してまわりました。最初に私が視察したのは昨年の台風で県道32号線脇の急斜面が崩落し生活道路が寸断された市原市国本です。

県道32号線 市原市国本

昨年も私はこの現場を訪れていました。崩落から数日後でしたが地域住民の皆さんの手で道路の土砂を取り除いて何とか片側通行を確保していました。あれから一年ですが現場は未だ復旧工事が進んでいませんでした。

一年経っても復旧工事が進んでいない県道32号線の崩落現場 市原市国本

台風や強風などによる災害では住民は避難行動、そして現場での応急工事などで命を削るような日々が続きます。そしてその後の国、地方自治体による復旧工事が進む事で徐々に生活を取り戻します。

しかし、全国の被災地で起きている問題があります。その一つが復旧工事の大幅な遅れがままある事です。東日本大震災などの巨大な災害では10年経とうとするのにまだまだ復旧が進んでいない地域もあります。

市原市国本の崩落現場は道路を埋めた土砂こそ除去されていましたが急斜面には何の防護壁なども建設されておらず道路も片側通行のままでした。地元の住民は一年経っても放置されたかのような現場に不安さえ取り除けないでいます。

この県道32号線を南に進むと千葉県でも有数の観光地の養老渓谷です。政府はコロナに関する経済対策として観光を盛り上げようというGoToキャンペーンを展開していますが昨年の台風による崩落現場が復旧もされていないのです。

この県道32号線の復旧工事は一義的に千葉県が管轄しているものです。私は現場で写真をとり住民の方に聞き取りをはるなどして、明日にも立憲民主党な千葉県議会議員に提出して県の対応を確認する事にしました。

つづいて私は昨年の台風19号の際、突然の竜巻で被害を受けた市原市市津地区を視察しました。明日で竜巻から丁度、1年。県道21号線が抜ける竜巻の現場では瓦礫などは地元の消防署、消防団によって竜巻後に撤去されていました。

道路から少し中に入った場所で瓦解した民家の瓦礫などは殆ど片付けられ更地になっていましたが小川沿いの民家は竜巻で壊れた屋根をブルーシートで覆っていました。災害は起きた時の恐怖だけでなく、その後の生活基盤がなくなる事にも大きな課題を残していきます。

竜巻の被害を受けた市原市市津地区

私は衆議院での活動の柱の一つに災害対策を据えています。NHKで国内外の災害を取材していた経験からも災害対策は国造りや全ての政策の土台として最も必要なものだと認識しているからです。積み木の一番下の土台のようなものです。

明日、以後も昨年の台風15号、19号、21号などで甚大な被害を受けた千葉市緑区の住宅地をはじめ千葉県内の被災地を回って復旧の現状を確認してまわります。そして必要な対策を国や自治体に申し入れる事にしています。###

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です