〝明日へ、大転換〟委員会配置について

今日、立憲民主党や国民民主党などでつくる衆議院会派の議員の所属委員会について立憲民主党国会対策委員会から発表がありました。

私はこれまでの災害対策特別委員会の野党筆頭理事から次の国会では総務委員会で野党筆頭理事を務める事になります。

また特別委員会に関しては、これまでと同じ災害対策特別委員会に委員として残る事になります。

併せてこれまでと同じく立憲民主党の国会対策委員会副委員長を務めます。

総務委員会も災害対策特別委員会も10月下旬とみられる臨時国会の開会直後に各委員会で正式に理事に任命されることになります。

また、新しい立憲民主党内での私の担当は福山幹事長の下で副幹事長及び災害対策・緊急事態局の局長となりました。

私は、こうした担当業務を中心に据えながら、これまで当たり前でありながらまっとうには実現していない「国民主権に基づく議会政治」を進めるために国会で活動をしてまいります。

衆議院議員 岡島一正

###

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です