変えなければいけないもの、まずは政治家から
 
今回の総選挙に対し:

「今、変えなければ間に合わない!」
 
 
変えなければならないのは、まず、政治家です。

国会で2度、議員として活動する中で僕が見たのは、ただ高給とりの職業につきたいだけの議員が多過ぎます。信念もなく選挙に勝つためだけに業界団体を頼った上に政策はご都合でブレっぱなしの議員では国民視点の改革は出来ないからです。

次に、日本という国を統治している明治以来の中央の官僚による中央集権構造を崩さなければなりません。

明治から終戦までは官僚の上に天皇という重しがありました。それも歴史の過程の中で現代の民主主義からすれば十分な国民視点には至らなかったのです。その重しが効かないなかで軍部と官僚と一部の産業界の暴走が始まり戦争は激化したのでした。

戦後、天皇は象徴となり政治から離れました。そこで官僚の重しになり官僚をコントロールする国会議員が生まれなければならなかったのです。しかし、指導的立場に立った議員の多くは官僚出身でした。戦後の混乱の中で民間の人材は経済再建へと向かったのです。
その結果、重しのない官僚支配が戦後続いて来ました。それを打ち破ろうとした政治家もいました。石橋湛山、小沢一郎、などです。民主政権では鳩山由紀夫が官僚支配に挑みましたが、続く総理たちは民主も自民も官僚に呑み込まれました。
だから、選挙は官僚支配を打ち破るという強い意志を持った政治家を国民が選ばなければならいと思うのです。

変えるのは保身に走る政治家と官僚から始めるのです。
それが、この選挙です。

国の仕組むで言えば、中央集権から地方分権です。
そして地方に田園都市のような地域で市民が働き暮らせる自立出来る計画的政策を実行する事です。

国会改革も必要です。
国会の委員会を議員の持つ国政調査権を発揮して官僚への追求する審議会の場と議員が閣僚と討論する場とに分ける改革が必要です。今の委員会はまるで官僚の作った答弁を議員でもある閣僚がしており、実際に組織をコントロールしている官僚への調査、審議追求が殆ど出来ない仕組みなのです。国会改革です。

そして行財政改革
その本丸は僕がずっと取り組んで来た国民から見えない各省庁が握る特別会計の整理統合です。特別会計は目的毎の会計で本来、分かりやすく社会事情を反映したとのでなければならないのですが、今では時代に見合わず官僚の天下りや保身、そして政官業のゆ着の温床の場になっています。今の時代に見合った整理統合をしなければなりません。何しろ一般会計の2倍以上の規模なのですから!

この選挙での争点になっている個別の政策については、

@消費税の増再税は凍結。

A 海外の金融資本に偏ったアベノミクスは国内経済の活性化へ重きを移すことに転換。

B 憲法違反の集団的自衛権の行使は許さず根本的に憲法論議を深める。

C秘密保護法も国民の知る権利を憲法に明確に記すことを優先した上での国家機密というものを法制化し直す。

などです。 他にもありますが、生活の党のホームページや僕のこれまでのブログなどでも是非ご覧ください。

岡島一正



 

ホームへ戻る